あなたが選ぶ歯医者はあなたの症状によって異なってくる場合があります。このサイトがあなたが選ぶべき歯医者のヒントとなれば幸いです。

病気で寝込んでいる女性と医者

永久歯を抜いたらインプラント治療しよう

皆さんは歯のインプラント治療というものをご存じでしょうか。
インプラント治療というのは、患者さんがもともと持っている歯の代わりに、人工の歯を作ってそれを顎の骨に装着するという治療方法のことです。
たとえば永久歯が抜けてしまった時や、虫歯がひどくなって通常のやり方では治療ができなくなってしまった場合などに、インプラント治療が行われます。

この治療方法にはいくつかのやり方がありますが、人工の歯を作って顎骨に装着するという点では同じです。
インプラント治療では、まず治療したい部分の顎の骨に穴を開け、そこにアバットメントと呼ばれる部品を埋め込むことから始めます。

アバットメントはチタンや金合金といった金属で出来ているものが多く、なかにはジルコニアと呼ばれる耐熱セラミック素材で作られているものもあります。
この歯根部分のことを、インプラント治療ではフィクスチャーと呼んでいます。
通常はこのアバットメントの上にセラミックなどで出来た人工歯を被せるのですが、フィクスチャー部分と人工歯が1つの部品に一体化した構造のものもあります。

アバットメントがしっかりと顎の骨に固定されるまでには、ある程度の時間がかかり、完全に定着するまでには約3カ月から半年程度待たなくてはいけません。
その間は仮歯が被せられることになりますが、アバットメントが定着し終えれば、次に本格的な人工歯をその上から被せる手術が行われます。
人工歯はセラミック素材のものなどが主流となっています。

インプラント治療をする場合には、このように治療開始から数ヶ月程度の時間がかかるわけでが、フィクスチャーと人工歯が一体化した構造のインプラントの場合であれば、手術は即日で済ませることが可能です。
乳歯と違い、永久歯は一度抜けるとそれ以降新しい歯が生えてくることはありません。
従って、高齢になるにつれて歯の残存率なども低くなっていきます。
歯が極端に少ない人の場合であれば、オールオン4と呼ばれる方法が選ばれることもあります。

オールオン4というのは、土台となる顎の骨に4本のアバットメントを埋め込み、その上から全ての歯が一体となった人工歯を装着するという治療方法です。
この場合、一本一本の歯を個別に治療する必要がなくなるため、治療にかかる時間や費用などを節約することができます。

インプラント治療による人工歯の寿命は素材やメーカーなどによっても異なります。
通常のセラミック製のインプラントの場合、その寿命は10年以上だとされています。
また、若いうちにインプラント治療を施した場合でも、適切なケアを受けていれば半永久的に保つことができると言われています。
インプラントを行った歯は見た目が自然で美しく、しかも耐久性にも優れているため、現在では多くの人がこの治療方法を利用しています。

関連した記事を見る